RSS | ATOM | SEARCH
『町工場の娘(ダイヤ精機)』を読んでビジネスに役立つと感じた3つの点

JUGEMテーマ:日記・一般

 


「3」という数字の力を学んだこともあり、ここでは勉強になった「3」つの点を残そうと思います。

 

1つ目は、86頁から
『人の心に響き、印象に残りやすい「3」という数字』は、
内容や発言者のことが記憶に残りやすいそうです。

 

2つ目は、216頁から
「動け、動け」は中小企業の社長に効果的で、動いて、動いて、地道に努力を続けることが結果につながる点は共感しました。そして、社長は「考える人」であり、同時に「動く人」でもあることが大切だと感じました。

 

3つ目は、239頁から
どんな場においても、悔いのないように「小さな勇気」をもって行動することが、自分を変えます。
人生を変えるチャンスは至る所に転がっているポジティブな考えに共感しました。

第一線で活躍する経営者の言葉には、「言霊」が宿り、「言の葉」のように感じました。

 

 

前向きに、そして、積極的に、行動したいとお考えの方におすすめの一冊です。

 

 

第2弾

 

 

経営者の方と一緒に、経営を考える中小、 小規模企業支援サイト

http://numaguchi.net

 

author:沼口 一幸, category:Web屋のひとり言, 16:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://yixing.numaguchi.net/trackback/1299025