RSS | ATOM | SEARCH
生活習慣の変化で、日本の広告費も変化、伸びるネット広

JUGEMテーマ:インターネット

 

 

電通さんより、平成30年2月22日に、「2017年 日本の広告費」が発表されました。

 

電通さんによると、2017年(1〜12月)における日本の総広告費は前年比101.6%の6兆3907億円で、2012年から6年連続で前年実績を上回ったそうです。

 

2017日本の広告費

出典:電通

 


インターネット広告
総広告費におけるそれぞれの構成比は、マスコミ4媒体が43.7%、インターネットが23.6%、プロモーションメディアが32.7%となっているそうです。

2014年以来、2桁成長を続けるインターネット広告の構成比は年々高まっており、17年には日本の広告費全体の4分の1弱をインターネット広告が占めたそうです。


これまでマス広告の利用が盛んだった食品や飲料といった業種でインターネットへの出稿が増加したそうです。

ブランド広告についても、インターネットの運用型広告を活用する動きが拡大しているそうです。


一般的に長期的な記憶に基づいて形成されるブランディングですが、インターネット広告に新たな可能性が広がることが期待されると指摘されています。

 

そして、クロスメディアの活用として、アナログとデジタルの組み合わせもさまざまに進化し始めており、例えば個人対応のバリアブル印刷でQRコードを掲載したダイレクトメールを送付し、個々の顧客をウェブに誘導する仕組みで成果を上げているケースもあるそうです。

 

 

ラジオ広告費
また、唯一前年比プラスとなったラジオ広告費。
要因のひとつがradiko.jp(ラジコ)の定着とのことです。

 

全国的に地域のコミュニティー放送が定着しつつある状況からは中高年層のリスナー像が浮かびますが、「モノからコトへ」のトレンドが強まる中、ライブイベントとも相性の良いラジオは、“ながら視聴”が常態化している若い世代にとっては、どこかアナログのにおいと身近な雰囲気を漂わせる新鮮なメディアとなる可能性があると指摘しています。

 


平成30年2月22日「2017年 日本の広告費」発表
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0222-009476.html

 

 

 

 

経営者の方と一緒に、経営を考える中小、 小規模企業支援サイト

http://numaguchi.net

 

 

author:沼口 一幸, category:Web屋のひとり言, 19:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://yixing.numaguchi.net/trackback/1299029