RSS | ATOM | SEARCH
IT活用による会計業務3.0と変化する与信業務

JUGEMテーマ:ビジネス

 


「働き方改革」、「生産性向上」と言われるようになりましたが、ITの活用による会計業務も変化しているようです。

弥生株式会社さんの講演を聞きました。


現在の会計の主流は、取引が発生してから、証憑書類を整理して、伝票入力ですが、
AIを活用して、証憑書類の整理、伝票入力が自動化されるようになりつつあるようです。

 

課題はあるそうですが、蓄積された仕訳データから、AIが学び、自動的に仕訳を行うようになっているそうです。

 

 

また、アルトアhttps://www.altoa.co.jp/の与信管理は、会計データを活用して、短期間で融資を受けることも可能になっているそうです。

 

「生産性向上」は、身近になりつつあるようです。

 

経営者の方と一緒に、経営を考える中小、 小規模企業支援サイト 
http://numaguchi.net

 


 

author:沼口 一幸, category:Web屋のひとり言, 19:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://yixing.numaguchi.net/trackback/1299037