RSS | ATOM | SEARCH
注目されるモバイルキャッシュレス決済と懸念される消費者データ

 

スマホのQRコード決済サービス利用者

「スマホのQRコード決済サービス利用者(アクティブユーザー)」は2017年度末時点で187万人だったが、2018年度末に512万人に増加、2019年度も960万人へ急増し、2021年度には1,880万人に達する見込みだそうです。

 

1千円〜3千円の小額決済

 

1千円〜3千円の小額決済の場合、71.6%の人が現金を利用すると回答され、1万円〜3万円の比較的高額な買い物をする場合は、現金の利用率は44.7%に下がり、クレジットカードの利用者が68.3%へと上昇するようです。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

よく利用するモバイル電子マネーはSuica、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUIC Pay。

個人情報を匿名化し、ビックデータとしてマーケティング活動で売買されることへの懸念も最近感じます。

 

 

株式会社 ICT総研「2019年 モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査」 

http://ictr.co.jp/report/20190107.html

 

 

経営者の方と一緒に、経営を考える中小、 小規模企業支援サイト

http://numaguchi.net

 

author:沼口 一幸, category:Web屋のひとり言, 21:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://yixing.numaguchi.net/trackback/1299049